犬のしつけ号令・合図

犬のしつけと号令・合図

うちの子に一貫した態度を!

犬をしつける際に、飼い主が常に一貫した態度をとるということは絶対に必要です。

 

例えば犬が人を噛んだときに、怒ったり怒らなかったり、人によって怒り方が違ったり等。また、飼い主が勝手に「甘噛みだから」と判断して犬を叱らないのは、犬を混乱させてしまうだけです。

 

犬は、非常に頭の良い動物ですが、飼い主が教えてあげない限りやって良いことと悪いことの区別はできません。時と場合によって号令、合図、叱り方等が違うことは犬には大迷惑!混乱さえてしまう大きな原因になります。

 

ダメだと決めた事を犬がしてしまった時は、例えどんな状況であっても制限や禁止をして叱ること!、正しい事をした時はどんな時でもすぐに褒めるようにしましょう。飼い主が態度を一貫して示すこと!リーダーである飼い主の指示が時と場合によるのでは、犬との信頼関係が薄れてしまいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

また、「ダメだ!」と声に出して犬を叱った場合でも、きちんと最後まで制限や禁止が出来ていないなど、叱り方が中途半端になることが続いてしまうと・・・。犬は「声を出されて叱られても、後は特に自分に害はない」ということを覚えていきます。そうなってしまったら、その以後のしつけは一層難しいものになってしまいます。飼い主がなめられてしまうわけです。

 

声だけでなく、しつけのときには犬に対する号令を統一することも重要です。犬は人間の言葉を理解することはできないわけで、一つのことに対して様々な言葉で命令・号令を出すことは犬を混乱させることになります。

 

一つの言葉で統一、分かりやすいアクセントをつけた短い言葉等、しつけをする人間全員が指示を出すときには全く同じ言葉、動作で行うことが必要になります。飼い主以外の誰の指示も聞かないなんてことは家族にとっては非常に残念なことですからね。

 

しつけを行うときは、行動をしてしまったときその場ですぐに行うようにしましょう。これは叱る場合でも、褒める場合でも同様です。犬が行動を起こしたらすぐに声を掛けてあげること。時間が経ってから怒ったり、褒めたりしても犬は何に対して怒られたり、褒められたりしているのか理解できません。これではせっかくのしつけも意味がなくなってしまいます。

 

犬のしつけ優勝者!DVD犬のしつけ講座


ホーム RSS購読 サイトマップ